FC2ブログ
頑張れ!小中野えんぶり組
- 2010/04/14(Wed) -
konakano-enburigumi2010_eip.jpg

先月の末、フィールダーさんからとても信じられない御連絡を頂きました。
小中野えんぶり組の代表 高橋朋治氏が急逝したのだと・・・。

そんな高橋氏の訃報に耳を疑い、ネットで調べてみましたが、
やはりその話しは本当のことだと知り、大変残念な気持ちでいっぱいになりました。

まだ44という若さです。
2000年、1度は途絶えた小中野えんぶり組を45年ぶりに復活させ、
今年で10周年を迎えたという矢先の出来事でした。

高橋氏はえんぶり組の復活の他に朋和会という和太鼓グループも立ち上げ、方々で御活躍もされていたのでした。
思えば、氏を初めて知ったのは2007年の八戸ろう学校祭でした。
氏は朋和会を率いて、耳の聞こえない生徒たちに指導し一緒に和太鼓演奏をしたのでした。
常現寺公演では素晴らしい舞いや摺りを見せ、会場に訪れたたくさんの人々を魅了しました。
もちろん私もその1人でした。

高橋氏の御家族の悲しみは計り知る事のできない程とお察しいたします。
小中野えんぶり組や朋和会のメンバーにも、その悲しみは余りに大きいものと思います。
メンバーの中心的な偉大なリーダーを失くしてしまったのですから。
しかし高橋氏は小中野のえんぶりを後生に残すべく、きちんと後継者も育て上げていたと私の目には映るのです。
小中野えんぶり組のHPで氏が述べていた、自ら復活させたえんぶり組への思いは達せられていたのではないでしょうか。
来年、再来年、20周年、30周年と、高橋氏の遺志をしっかり受け継ぎ頑張って欲しいと思います。


まだ喪も明けきらぬ最中に不謹慎だとは思いましたが、思わず記事を出してしまいました。
あの肌が粟立つほどの感動を味あわせてくれた高橋氏が率いた小中野えんぶり組。
しかしそれから僅か1ヶ月余りを過ぎての突然の訃報を聞き、
もう2度とあの氏の粋な姿を見ることが出来ないのかと思うと残念で仕方ありません。
そんな思いをどうしても伝えたかったのです。

拙い物の言い様ではありましたが、
ここに高橋朋治氏の御冥福をお祈り申し上げます。
 
 
 
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v
スポンサーサイト



この記事のURL | 南部地方の話題 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |