弘前の教会巡り
- 2012/06/22(Fri) -
kyokai12e_eip.jpg

小山内の手作りアイスキャンディー食べたあと、まだ時間があったので教会巡りをしました。
まあ ”巡り ”ったって2つだけだったんですが(笑)

(クリックで大きな画像がご覧頂けます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
kyokai12a_eip.jpg

先ずは、日本基督教団 弘前教会です。
この礼拝堂は、明治39年に建てられ、構造はノートルダム寺院に似た双塔木造ゴシック様式なんだそうです。
因みに、初めて 「基督」 をキリストと読むのだと知りました(汗)

kyokai12bb_eip.jpg

ちょっとお掃除中に失礼をば致しました。

kyokai12c_eip.jpg

なんかこう・・・神聖な空気が流れてる感じ。
教会にいると信者でもなんでもないけど、だんだん心が洗われていく気がします。

kyokai12o_eip.jpg

お次はここ。

kyokai12f_eip.jpg

日本聖公会 弘前昇天教会です。
1920年(大正9年)に建設された教会堂は、赤レンガ積みで作られているのが特徴的です。

kyokai12g_eip.jpg

ここの教会内は、けして広いわけではないのですが美しいですよね~。

kyokai12k_eip.jpg

その美しさにチビと2人でヒソヒソ声で感動してたら、いきなり後から 「こんにちは」

わいっ!?どってんしたじゃ! (津軽弁でビックリしたの意・・・たぶん)

kyokai12h_eip.jpg

その声の主は、Tシャツに短パンというラフな感じの若いお兄さん。
この教会の神父さん?牧師さん?

そうえいば、その呼び名は教会によって違うって聞いたことがあったので調べてみました。

正教会・カトリック教会・・・神父   (職名 司祭)
聖公会         ・・・先生、牧師(職名 司祭)
プロテスタント    ・・・先生   (職名 牧師)

と、すると、オラたちに声をかけてきたのは牧師さん?

kyokai12J_eip.jpg

明治時代にアメリカの婦人宣教師が持ち込んだといわれる
ショーニンガー社のリードオルガン(1882年~1883年製)が、
120年以上経った今もなお現役で使用されているのだそうですよ!
今の電子ピアノのように鐘や打楽器などの音も出せるという優れものだそうです。

kyokai12L_eip.jpg

その他にも牧師さんから色々なお話しを伺うことが出来ました。

朝と夕方、この窓から陽が入るようになっているのだそうですが、
朝陽が差し込む誰も居ない教会堂で、1人祈りを捧げる時間は何とも言えませんと牧師さんが仰っておりました。

分かるなぁ。恐らく高貴で幻想的な時が流れそうです。
そんな時間にお邪魔してみたくなりますね。
こんな素晴らしい教会がある弘前、やっぱ好きだなぁ♪ 
 
 
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 津軽地方の話題 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<八幡平は活きてます | メイン | 弘前の手作りアイスキャンディー>>
コメント
-Re: ピーナッツさん-
これね、昇天教会の直ぐ傍にあったんですよ。
ちょっと前に激安カーナビ付けたんですが、それを頼りに昇天教会に行ったんです。
カーナビなきゃオラも辿り着けないかも(汗)

この教会、けして大きくはないんですが雰囲気があってお気に入りです。
牧師さんも優しそうで余計好きになりました♪
2012/06/23 13:17  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

--
おわ!!
先にA to Z行かれた(笑)
実はここ、駐車場がどこか分からず~なんです・・・
大鰐線中央駅(?)は行けるんですが、一通が多い場所じゃありませんか?私、苦手なんですよ~・・・
教会も優しい雰囲気が感じですね~・・・
なんか私も色々懺悔したい気分です・・・
2012/06/23 12:12  | URL | ピーナッツ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1045-d73527bd
| メイン |