赤くない蔦沼
- 2012/11/19(Mon) -
tuta1211hh_eip.jpg

今年はとうとう朝陽に焼ける赤い蔦沼を撮らないうちに紅葉が終わってしました。

(クリックで大きな画像がご覧頂けます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
tuta1211a_eip.jpg
 
早朝の蔦温泉。と言っても着いたのは7時前くらいかな。
こちらに向っている時には、なんとなく陽が差していたんだけど・・・。

tuta1211b_eip.jpg

期待できないだろうなぁと思いつつも蔦の森を歩く。

tuta1211e_eip.jpg

空全体が雲に覆われて、こりゃ無理そうだ。人の少なさがそれを物語る。
いつもなら挟まる余地がないほどアマチュアカメラマンがズラ~っと並んでるんです。
赤い蔦沼は、なんだか秋の一大イベントみたいになってますよね。良いんだか悪いんだか。
あれって純粋に観光に来た人には甚だ迷惑な行為でしょうね。
オラみたいに4、5枚撮ったら撤収!なんてカメラマンは、あんまりいなさそうだし。

tuta1211ff_eip.jpg

ここでブロガーのHiroさんとバッタリ。
聞けば前日から車中伯で泊り込みしてるんだとか (◎o◎;)
前日は天気良かったから良いのが撮れたらしいっす。

tuta1211g_eip.jpg

なんだか気合いも乗らずピントも甘いまま撮影。んで撤収!(笑)

tuta1211kk_eip.jpg

tuta1211L_eip.jpg

ああ、ああ、なんて溜息つきながらトボトボと帰り道。

tuta1211n_eip.jpg

tuta1211m_eip.jpg

どうすっかなぁ。入っていくかな・・・って、結局入りませんでしたけどね。
地元にいるのに、八甲田周辺の温泉に入ったことがあるのは、数年前の青荷温泉と数十年前の酸ヶ湯だけです。

tuta1211oo_eip.jpg

蔦の森近くの林道に入ってみる。す~は~す~は~深呼吸。
やっぱ秋の広葉樹の森の匂いは最高だ♪

tuta1211p_eip.jpg

人間が作ったものは朽ちればただの残骸だけど、森の樹は朽ちても、また次の生への架け橋となる。
こいつ、なんだか粋な倒れ方してんじゃん ( ̄ー ̄)
 
 
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 八甲田周辺の観光 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<奥入瀬の秋 2012 (石ヶ戸) | メイン | 下北半島の紅葉2012 薬研渓流>>
コメント
-Re: ピーナッツさん-
谷地温泉ですか~!良いですね。オラは冬に泊まってテンを見たいです。
蔦温泉は田代の方から周れば大丈夫じゃないかな?
あんまりオススメはしませんけど。冬道危ないし。
2012/11/20 20:36  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

--
ども~!
おおお!!蔦沼ですか!!
先日、私も場所の確認みたいな感じで行って来ましたが空気がまんず美味しいですよね~☆
いつか朝一で紅葉を撮ってみたいです。
私もあまり長く居座れないんで、たとえ朝早く起きて出かけてもすぐ撤収組でしょうね~(苦笑)
八甲田は私も先日谷地温泉に行って、それ以外には行けてません。蔦温泉行きたいんですが、もう無理かな・・・
2012/11/20 11:35  | URL | ピーナッツ☆ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1137-88629bb1
| メイン |