アタカの馬たち
- 2013/01/30(Wed) -
kandachime13a_eip.jpg

風雪に耐えながら雪原に佇む馬たち 

      いつしか人はそれを寒立馬(かんだちめ)と呼ぶようになりました

(クリックで大きな画像がご覧頂けます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
kandachime13h_eip.jpg

田植え餅つき踊りもそうでしたが、今年も雪の少なさと天気の穏やかさに泣かされました。
やはり寒立馬といったら ”吹雪 ”くらいでないと雰囲気が出ません。
まあ、普通の牧場に行っても、こんな風景はあんまり見られないと思うんですが。
 
kandachime13d_eip.jpg

kandachime13g_eip.jpg

牧草もちゃんと山盛りで置いてあるのですが、なぜか馬たちは前足で雪を掘って草を食べてます。
そっちの方が美味しいのかな?

kandachime13cc_eip.jpg

それにしても寒くないんかなぁ。
あんまり風雪が強いと林の陰とかに避難してるけど、今日はそんなことしてる馬が1頭もいないとこみると、
彼らにしたら大したことのない気温なのかも。

kandachime13e_eip.jpg

鳥は風上に頭を向け、馬は風上に尻を向ける。
どちらも理にかなってる習性ですな。人間も尻派ですよね。

kandachime13f_eip.jpg

このおロン毛の馬は来たときから微動だにしてません。
半分寝てるみたい。傍に近寄ると薄っすらと目を開け、また眠りに入ってしまいます。

kandachime13J_eip.jpg

大した良い写真も撮れずにアタカを後にしました。
気合の入ってない写真ですみません。雪がさ・・・まあ良いや ┐(  ̄ー ̄)┌ フッ

暮らしている人や馬には大変なことなんですが、現地での荒れた天候を望みながらも、
尻屋への行き来には良い天気でいて欲しいと願う、ちょっとワガママかもしんない下北冬紀行でした。
 
 
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 下北地方の話題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<お山の上は真っ白け | メイン | 田植え餅つき踊り 2013 (その2)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1178-0f76a292
| メイン |