春の妖精
- 2013/04/16(Tue) -
ooshima13-12_eip.jpg

ちょっと気が早かったのですが、我慢できずに春の妖精たちに逢いに行ってきました。

(クリックで大きな画像がご覧頂けます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
ooshima13-01_eip.jpg

桜前線が思ったよりも早く近づいてきているみたいな気配を感じつつも、
肌に触れる空気は思ったよりも冷たく感じている北の国の春です。

ooshima13-02_eip.jpg

そんな陽気なのに、まだ三沢周辺では見かけなかったキクザキイチゲが既に咲いていました。

ooshima13-05_eip.jpg

それに付き合うかのようにオトメエンゴサク。
ここのキクザキイチゲとオトメエンゴサクは青から白までバラエティに富んだ色彩です。

ooshima13-03_eip.jpg

気の早い小さなエンレイソウも所々に。

ooshima13-31_eip.jpg

春の花たちのプロローグには嬉々としたものの、余りにも足元が殺風景でまだ若干の不安がありましたが・・・
いました!春の妖精カタクリです。

ooshima13-29_eip.jpg

ooshima13-11_eip.jpg

スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)はカタクリに限った名前ではないようで、
春に咲く花の総称なんだそうです。意味的には 「春の儚いもの」「春の短い命」だそうです。

ということは先の写真の花たちもスプリング・エフェメラルなんですね。
春に咲く小さな花はそう呼んでも良いくらいの可憐さだと思います。

ooshima13-13_eip.jpg

う~ん、もうちょっと短いマクロレンズ欲しいかも。
オラの持ってる90mmマクロだと寄れないし長過ぎるんですよね。
個人的には、どうもこの画角が苦手です。じゃあ何で買ったんだよって話しになるんですがね。

ooshima13-27_eip.jpg

カタクリにも薄いピンクや濃いピンク、紫がかったピンクの色などがあり、
中には珍しい白花カタクリなんてのもあります。

今回も見つけられませんでしたが、もしそれを見つけようと思うと、
遊歩道から外れ、カタクリたちを踏み潰しながら歩くことになると思うので、
見つけられなきゃ見つけられないで良いのかな。

浅虫の湯の島では比較的簡単に見つけられるみたいですが、からっきし弱い船に乗らなきゃいけないし、
しかも混んでると1時間以上も乗船待ちしなきゃいけないみたいで行くのを躊躇しています。

ooshima13-26_eip.jpg

でもなぁ湯の島行くと、先ずは乗船前の様子→乗船中→島に上陸→カタクリ撮りまくり
→鶴亀屋食堂でテンコ盛りのマグロ丼でゲロゲロ・・・と、
ブログ記事的には3つも4つも書けちゃう美味しい場所なんですよねぇ(笑)

ってことで、いつもの様に続きます。
 
 
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 津軽地方の話題 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<春の妖精 その2 | メイン | 八甲田 雪の回廊 2013 (その2)>>
コメント
-Re: 季楽さん-
ちょうど関東辺りの桜の満開から1ヶ月後くらいに桜の開花ですからね~。
だからいつもGWにドンピシャで満開になります。
だからなのか、花見に使う金額と時間は全国1位!
自分の県の桜自慢も1位(これは弘前のお陰)
あとは寿命の短さも全国1位!(T▽T)
2013/04/17 17:16  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

-季節が-
一ヶ月違いますね、私がカタクリを撮ったのは3月中旬でした。
今カタクリと言う事は、桜前線はまだ到達してないのですね。
流石に「北の国ちょっと手前」です。
2013/04/16 18:57  | URL | 季楽 #mQQEfdr.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1224-0e93a26c
| メイン |