ラブジョイ彗星
- 2013/12/09(Mon) -
love131204eee_eip.jpg

そうです。前記事からオラが捜し求めていたのは ”ラブジョイ彗星 ”

(クリックで大きな画像がご覧頂けます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
ison1312a.jpg

12月上旬には長く明るい尾を引く姿が見られるだろうと、
天文ファンならずともかなりの期待大で待ち望んでいたアイソン彗星。

久しぶりに肉眼級の彗星到来かと思いきや、
一部の間で囁かれてた太陽に近づき過ぎて蒸発するのでは?の予想通り、彗星の核は崩壊した模様。
太陽通過後はかなり弱い尾を引いています。everybody 超ガッカリ!(T▽T)

ison1312b.jpg

それでも若しかしたら・・・という淡い期待を持たせたのがこの写真。
太陽を抜けた後でも強い輝き放つアイソン彗星!!
でも光の尾がV字に広がっています。これは核が崩壊している証拠なのだそうです。
そしてこの後、急激に尾は薄れていき、地上からも航空機からも肉眼では捉えられない状態になりました。

地球が109個も並ぶデカい太陽。
中心温度は1500万度、表面は6000度、
太陽から放たれるコロナは高度2000kmにも及び、温度は1万~100万度にも達します。
その太陽の表面からたった117万Kmの所を通過したアイソン彗星。
推定直径5Km前後の氷と岩石の塊であるアイソン彗星は、太陽に焼かれ儚くもその長旅を終えたようです。
まさに ”イカロスの翼 ” の様です。

love131204aaa_eip.jpg

12月の夜明け前の空にはアイソン、ラブジョイ、エンケ、リニアの4つの彗星が見える予定でした。
ただ、ズブのド素人の自分には精々アイソンとラブジョイの明るい彗星くらいしか見つけられない筈で、
アイソンが消えちゃうちょっと前からラブジョイ彗星探しに出かけてました。

それにしても ”LOVEJOY ” なんて愛らしい名前ですよね。
彗星は発見者個人か団体の名前が付くらしいのですが、今回は個人のラブジョイさんの名前です。
このラブジョイさん、これで4つ目の彗星なんです。
毎回発見する毎に 『ラブジョイ』 って名前が付くんですが、数字付けるとか何かすれば良いのにねぇ。



1日目、ラブジョイ彗星発見できず。

2日目、なぜか彗星があるであろう東の空だけ曇りで ☓

3日目、彗星発見する前に曇ってきて ☓

そして4日目。スマホでも持ってりゃ、あっという間に発見できるかものラブジョイ彗星も、
ガラケー持ちの近視・乱視・老眼の入った肉眼スマホじゃ全く見当が付きません(ー'`ー;)

誰だよ、肉眼で見えるくらいに明るくなってるって言ってたのは!

それ、マサイ族の肉眼じゃねーのかよ!(ノ`□´)ノ⌒┻━┻

と怒りまくって家に帰って写真を確認したのが前記事最後の写真。
漸く 「ぽつっ」 と写ってました ( ̄▽ ̄;) ヌオー

上の写真は5日目なんですが、広角レンズ持ってないので、42mm辺りで上の写真程度にしか写りません。
どこにあるか分かりますかね?

love131204cc_eip.jpg

ラブジョイ彗星は東の空、北斗七星の柄の下の方とアークトゥルスの間くらいに見えます。
うしかい座だのヘラクレス座だの言われても、星空に分かり易く線なんかないですから、
ド素人には分からないですよ。アークトゥルスだって 「あ、あれかな?」 くらいだったし。

love131204gg_eip.jpg

レンズの倍率変えたり色々試してみても、所詮素人って感じです。しかも明るい望遠は150mmしかないし。
シャッターを開け露光時間を長くすると星も彗星も横長になっちゃいます。
それは望遠にすればするほど顕著に現れます。
間近で見ればとても早く飛ぶ飛行機も、空高く飛んでるのを見ると動きが遅く見えるのと一緒です。

love131204ddd_eip.jpg

これが1番大きく写せた写真かな。

望遠を使ってガッツリ撮りたい人は、カメラの三脚に赤道儀を付けて星を自動追尾させないと撮れません。
あれだと長い時間シャッターを開けていられるので、彗星の長い尾まで綺麗に撮れる筈。
星雲や天の川も綺麗に撮れるんですよね~。

高感度撮影の良いカメラと明るい望遠レンズ、つまりお高い組み合わせだともうちょっとマシに撮れるんだけど、
貧乏臭い自分だとこんなもんかな(笑)

love131205aa_eip.jpg

ラブジョイ彗星、もうちょっと大きく見えると撮り甲斐もあるってもんですがねぇ。
漁火と一緒に撮ると小さ過ぎて見えましぇん!( ̄∇ ̄#)


そういえば彗星を撮ってるときに星空を眺めていると、ちょくちょく流れ星が見えます。
先月はしし座流星群でしたが、そろそろふたご座流星群の見頃も迫ってきました。
極大時刻は14日土曜の15時からなので、14日夜が最大の見頃ですよ~♪
1時間当たり20~30個(2分~3分に1個)、多ければ60個近くも見れるんだそうです。
寒い寒い冬の夜も結構楽みがあるもんでしょ?
 
 
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | なに気な風景 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<青森屋の旧渋沢邸 | メイン | さて、私は何しに行ったのでしょう?>>
コメント
-Re: ピーナツさん-
ピーナツさん、お持ちのレンズでもたぶん撮れますよ!
明るいレンズの方が尾が綺麗に撮れますが、最近のカメラですし、
高感度撮影の性能はオラのより最低1段分は上でしょうから。

望遠で撮るなら、絞り開放でシャッタースピードを15秒から20秒くらい、
ISOは6400くらいまで上げてノイズが気になったら3200に落とすんですが、
その分暗くなるので6400の時よりはシャッタースピードを遅くします。
手でシャッターを押すとぶれるので、レリーズがあれば良いんですが、
もしなければ2秒か10秒のタイマーで撮影すれば良いですよ。

流星群の撮影は広角レンズを使ってシャッタースピードを
もうちょっと遅くすればOK牧場!

そうそう、マニュアルモードにすることをお忘れなく。
AFもマニュアルにしてピントを合わせるんですよ~。
2013/12/10 22:32  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

--
ポン太さん、凄いですね~!!
私はまだこんなのは撮れないです・・・
レンズもないですし・・・
ふたご座流星群???
あ~・・・メッチャ、撮りたい~(泣)
2013/12/10 21:45  | URL | ピーナッツ☆ #8if.AgQI[ 編集] |  ▲ top

-Re: 季楽さん-
まあここんとこは暖かきゃプラス、寒くても-2℃くらいですから、
風さえ吹かなきゃそんなに寒く感じません。
これがちょっとでも風があると寒く感じるんですよね~。
因みに防寒着は中に着るセーターと安物のMA-1もどきです。あと手袋と。

そろそろたくさん見え初めても良い頃ですが、
こちらは今週は週末までず~っと天気が悪いみたいです(T▽T)
2013/12/10 04:00  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

-冬の楽しみ-
確かに冬は空気が澄むので、星の観測には打って付け。
しかし、晴れた冬の夜はチョ~~寒いです。
こちらでも寒いのに、北の国一歩手前ではオニ寒いでしょうね。(^_^;)
双子座流星群、見頃は今週末ですか、挑戦してみようかなぁ…。
2013/12/09 22:26  | URL | 季楽 #mQQEfdr.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1317-a6cf5c7b
| メイン |