青森屋の旧渋沢邸
- 2013/12/11(Wed) -
komaki13e_eip.jpg

三沢市にある温泉ホテル 青森屋(旧古牧温泉)の広大な敷地内に旧渋沢邸があります。
ってか、地元なのに初めて行ってきました。

(クリックで大きな画像がご覧頂けます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
komaki13b_eip.jpg

ここに建つ旧渋沢邸は、明治10年、当時37歳の渋沢栄一が深川福住町に建てた家で、
その後三田綱町に移され、平成3年に旧古牧温泉に移築されたものだそうです。

komaki13c_eip.jpg

旧古牧温泉の社長であった杉本行雄氏が何故この渋沢邸を移築したかと言うと、
杉本氏は渋沢栄一と孫である渋沢敬三の秘書、執事を長きに亘って務めたことにあります。

komaki13d_eip.jpg

渋沢栄一とは(1840年3月16日)から 1931年)11月11日)

江戸時代末期(幕末)から大正初期にかけての日本の武士(幕臣)、官僚、実業家。
第一国立銀行や東京証券取引所などといった多種多様な企業の設立・経営に関わり、
日本資本主義の父といわれる。理化学研究所の創設者でもある。(Wikipediaより)

komaki13a_eip.jpg

日本資本主義の父だろうが母だろうが、ましてやオネエだろうが、
そういうのに疎い自分には 『偉い人だな』 くらいの感覚しか持てないっす (* ̄Θ ̄*)

komaki13f_eip.jpg

komaki13g_eip.jpg

和風な方は栄一氏が、洋館は孫の敬三氏が昭和4年に増築したそうです。
これにて部屋数33室、総面積328坪の邸宅になりました。
この邸宅、今の価値にすると数億円くらいかかってそうですよね。

komaki13h_eip.jpg

「三沢にもこんなのがありましたよ~」 くらいの低レベルな記事でした(笑)

あ、この旧古牧温泉って、敷地の大部分が隣の六戸町にあるそうで、
そこにかかる税金は殆どが六戸町に行ってるって聞いたことあります。
調べてみると六戸町の文化財にもなっちゃってます。

ということは・・・三沢市の話題って言うより隣町の話題って感じ?
 
 
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL |   三沢の話題 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<もうすっかり冬ですが・・・秋の七戸町散策 | メイン | ラブジョイ彗星>>
コメント
-Re: ぴょんたさん-
ぴょんたさん、浅い知識ですみません。

この日はとんでもなく早く行ったので、まだ園内掃除中だったんですよ。
だから入れるかどうかは分かりませんでしたが、
他の人の記事なんかを見ると内部も見学できるみたいです。
ま、当てにならない情報ですが。
2013/12/11 19:49  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

-素敵ですね-
こんにちは。

渋沢栄一にも建築にも詳しくないですが、
渋沢邸、紅葉の頃にでも行きたいと思っていたんですよー。
逃しちゃったので雪が積もってからでもいいかも…と思っていた最近です。
この記事で見られてよかったです。

この建物は内部は公開されてないんですか?
せっかくの貴重な建物なら、当時の雰囲気を内側からも見学してみたいですねー。
2013/12/11 13:20  | URL | ぴょんた #v9cElidM[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1318-c57afcc4
| メイン |