FC2ブログ
南部地方えんぶり2014 (一斉摺り)
- 2014/02/23(Sun) -
enburi14-60_eip.jpg

最後は恒例の南部芸能伝承館の広場での一斉摺りです。

(クリックで大きな画像がご覧頂けます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v   
enburi14-74_eip.jpg

この一斉摺りは10組のえんぶり組が一斉に摺り始めるんですが、
たった10組と言えど、これを1度に撮るとなると無理ってもんです。

enburi14-77_eip.jpg

enburi14-72a_eip.jpg

それにしても毎年思うのは剣吉のこの御老人、厳しそうな顔をしてるんですが格好良いっす♪

enburi14-70_eip.jpg

enburi14-78_eip.jpg

enburi14-80_eip.jpg

朝に剣吉神社で祝舞を奉納してた子供たち♪

enburi14-81_eip.jpg

小っちゃくてもさすが手踊りをやってるだけあって、キメるとこはピシッとキメるので写真が撮り易いっす。

enburi14-85_eip.jpg

enburi14-88_eip.jpg

こちらは玉掛えんぶり組の子供たち。

enburi14-87_eip.jpg

この子も大きくなったなぁ。

enburi14-89_eip.jpg

そして玉掛の太夫。

enburi14-92_eip.jpg

enburi14-95a_eip.jpg

玉掛の摺りの特徴はこの扇子。

enburi14-90_eip.jpg

enburi14-91_eip.jpg

enburi14-93_eip.jpg

ああ、一斉摺りが終わってゆく・・・。

普通、観光客が見るのはここまでです。
この一斉摺りが終わった後のえんぶり組は町内の門付けへと向います。
チェリーセンターなど何ヶ所かの施設でお披露目する組もあります。

以前はかがり火えんぶりがありましたが運営が大変だったのでしょうかね?
でもあの雰囲気は良いんですよね~。なんとか復活させて欲しいものです。
それが駄目ならせめて冬景色の法光寺の境内や名久井岳をバックに披露するのも良いんじゃないかなぁ。

enburi14-97_eip.jpg

恐らくえんぶりを初めて見たのもこの南部地方えんぶりでした。
だからなのか、なんか思い入れが深い感じもします。

それまでは祭りなんてものにそうそう興味を示さなかったのですが、
間近で見る太夫の独特の摺りという舞と、子供たちによる祝舞に魅了されました。
北国らしく、まだ雪の残った大地の神様に春を告げるという祭りに、
素朴でどこか懐かしさのある町並みが相まって、とても魅力ある祭りになってるのだと思います。

八戸ほど観光客も多くなく素朴感満点の南部地方えんぶり。
都会生まれの都会育ち・・・なんて人が見たら魅了されること間違いなしです。 
 
 
 
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 南部地方の話題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<たぶん今季最大のチャンスだったけど | メイン | 南部地方えんぶり2014 (えんぶり行列)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1348-4650dcbf
| メイン |