幸せの赤い鳥 2015
- 2015/07/28(Tue) -
fukaura15-0043.jpg

ようこそ ここへ キョッロロッロ~ 私の赤い鳥~♪ (また歌ってる)

今年もまた来ちゃいました、幸せの赤い鳥の聖地 十二湖。
そう、三沢の真反対に位置する深浦に、この時期わざわざ喜び勇んでくる目的はただ1つ、

その名も アカショウビン!
 
 
(クリックで大きな画像がご覧頂けます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
fukaura15-0040.jpg

先ずは物産館キョロロの有料駐車場に車を止めて鶏頭場(けとば)の池。
この物産館の 「キョロロ」 という名前の由来に気が付いたのは、つい昨年あたり。鈍いね。

fukaura15-0041.jpg

ネットによると、鶏頭場の池もアカショウビンの出現ポイントらしい。
そう昨年は不用意に歩いてて逃げてくのを2回くらいみたもんね。

fukaura15-0044.jpg

十二湖の代名詞ともいえる青池。
いつ来てもマジに青い。この青さの秘密は未だに謎らしい。
こんな小さな池なのに水深9mもあるように見えません。

fukaura15-0045.jpg

青池にはイワナが棲んでます。イワナって普通人影を見つけると逃げちゃうもんなんですが、
ここのイワナは実にのんびり泳いでいます。

aka1507-0001.jpg

青池の帰り道、見上げればカケスくん。なぜか十二湖にはカケスがたくさんいます。
このカケスくん、普段の鳴き声はジャージャーというかジェージェーというか、まあお世辞にも綺麗な声とは言えないんですが、
なんと物真似が得意な鳥でして、他の鳥の真似や山の中でよく聞くチェーンソーの音、猫の鳴き声、
人に慣れてる鳥なんかは人間の言葉も真似しちゃうらしいのです。
カラスも本家カラス科らしく、物真似したり喋ったり出来るんだそうです。

aka1507-0002a.jpg

綺麗な囀りの逆光気味のオオルリ。

fukaura15-0047.jpg

ほんの30分ほどの十二湖観光を終えて、昨年教えてもらった有名ポイントへ。水少な! (@o@;)
今年の青森は春から本当に雨が少なくて、三沢なんかは2週間に1回サラッと降るくらいのペースでした。
なもんだから、マイカーも5月の連休中に洗車してから埃が目立ちすぎると6月に1回洗車しただけです。
梅雨も空梅雨気味で2日も雨が続けば良い方です。
この雨の少なさが影響したのか、今年のモリアオガエルの卵塊も少な目でした。

ここで出会ったガイドさんっぽい人曰く、今年はここに来るアカショウビンは少ないよと。
やはりモリアオガエルの卵塊が少ないせいでしょうか。

fukaura15-0046.jpg

暫く待ってもアカショウビンが現れないので、ちょっと場所でも移動しようと思ったら・・・
ヘビ嫌いの人ごめんちゃいのヤマカガシ。生きてる様な死んでる様な?尻尾をちょいちょい弄っても微動だにせず。

このヤマカガシは実は猛毒のヘビでして、少ないながらも死亡例もあります。
1972年に中学生が噛まれて死亡するまで無毒のヘビだと思われていたんです。
だって、なりは派手でも毒蛇特有の三角の頭じゃないし、デカい毒の牙もないし、割と大人しいヘビですよ。
自分も小さい頃は捕まえたりして遊んでたんです(大汗)

日本の毒ヘビはマムシとハブが有名ですが、マムシはハブの3倍の毒の強さを持ってるそうです。
でもね、なんとヤマカガシはそのマムシの3倍の毒の強さなんだそうですよ! (@o@;)

でも、 安心してください 履いてますよ

anshin15.jpg

じゃなかった(笑)

でも安心してください。ヤマカガシは元来大人しいヘビなので、
こちらから無理矢理に触ろうとでもしない限りそうそう攻撃はしてきません。
まだ見たことはないのですが、相当起こってる時はコブラの様に鎌首をもたげるんだそうです。
その際は触らぬ神に祟りなしですので、その場から離れれば良いだけです。

fukaura15-0048.jpg

いやいや、ヘビの話しはさて置いてのコオニユリ。
また、最初のポイントに戻ってきました。

先程、このポイントから立ち去る時に鳥屋さん2人と会ってたんですが、
その方たちに聞くとアカショウビン出ましたよと。
え!?ガイドさんらしき人は 「今年はここじゃ駄目だ」 みたいなこと言ってたんですけど?
そして待つこと十数分・・・

aka1507-0006a (2)

アカショウビン  キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

ちょっと暗がりに居るんですけど、今年初のまともに見たアカショウビンです。

aka1507-0003.jpg

実は、他の池を見回ってた時にアカショウビンは見てたんです。
ただ、木と木の隙間からこの状況を見てたので一瞬過ぎてカメラでしかその姿が見れませんでした。

aka1507-0004.jpg

この木にはこちらから見えない場所に何個かキツツキの開けた穴がある様です。
なんかそれを穿っているようにも見えます。
ということは巣になる場所を探している最中だったのかもしれません。
キョロロロロ~!キョロロロロロ~!と近くの木に止まって盛んに鳴いては、この木にトライしていました。
でも、アカショウビンを脅かすといけないので、これ以上近くにも寄れないし、回り込むこともできませんでした。
う~ん、残念。たぶん他の鳥屋さんが全く知らない場所だったとは思うんですがね。

aka1507-0010.jpg

aka1507-0009.jpg

話しをまたまた撮影ポイントに戻しまして・・・
この池にはオシドリのカップルも棲んでまして、ヒナは人をあまり怖がらず近くにまで寄ってきます。
一応、ママはそのヒナを人に襲われないか見守ってます。

aka1507-0011.jpg

aka1507-0012a.jpg

この池には何度も何度もアカショウビンがやってきました。
この時はちょうど子育ての時期なので、餌となるモリアオガエルなどを捕食しに来ているんです。
こんな風にアカショウビンの姿をたくさん見れるのは青森県では十二湖だけの様です。
 
 
続くよ~♪
 
 
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 独り野鳥倶楽部 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<幸せの赤い鳥 2015 (その2) | メイン | 初夏の日本海紀行 2015 (その2)>>
コメント
-Re: タイトルなし-
鍵コメ様

野鳥とかまだまだです。鳴き声聞いてもなんだか分からないのも多いし。
説明文とかは補足的にネットで調べてたりしますよ。
間違った情報を伝えてはいけないですからね~。

でも確かにアカショウビンはチョコボールのに似てますね(≧∇≦)/
2015/08/05 06:16  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

-Re: ピーナッツさん-
お気に召してくれて何よりです(笑)
アカショウビンはこの時期適切な場所に行けば会えますよ~。
ピーナツさんなら必ず会える筈です!
オラも1泊しなくても良いから、もう1度行きたいなぁ
2015/07/29 06:04  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

--
どうして~!どうして~!
どうやったらアカショウビンに会えるんですか~~???
私も会いたい~~!!!(必死)

あ・・・
安心して下さい。履いてますよ!にフォーカスロック!!!(爆)
2015/07/28 20:45  | URL | ピーナッツ☆ #8if.AgQI[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1582-810916ee
| メイン |