十二本ヤス
- 2016/06/16(Thu) -
yasu1605-0001.jpg

「じゅうにほんやす」 って何じゃらほい?と一般の方なら思うはず。
そんな変わった名前を冠する ” とあるもの ” を前々から見てみたくて、
GWの真っ只中、吉幾三の故郷 五所川原は金木の山に行ってまいりました。


(クリックで大きな画像がご覧頂けます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
yasu1605-0004.jpg

割と整備された林道を走っていくと案内板と古ぼけた鳥居がありました。
そっかここはヒバの森なんだ。

yasu1605-0003.jpg

yasu1605-0005.jpg

車を降り、ここからどれ程山奥に入っていくのかドキドキしながら歩いております。
あ、クマ鈴持ってくるの忘れたし!(大汗)

yasu1605-0006.jpg

最近、青森県内外でクマの出没が多発しています。
青森県と秋田県の県境では同じ地域で4人も亡くなられ、ケガ人も出ています。
ちょっとした油断、どこからか湧く変な自信で山を歩くと、大変な目に遭うというのを肝に銘じておかないと。

yasu1605-0053.jpg

うわっ、でっけーなこの木!

yasu1605-0014.jpg

なんて歩いてたら、いきなりご登場の 十二本ヤス!(  ° ▽ ° ;) エッ

林道から僅か数分で呆気なく辿り着きました。

yasu1605-0008.jpg

ヤスって名前の木じゃなくてヒバの木だったのね。

yasu1605-0012.jpg

樹高33m以上もあるってことは、この狭い森の中じゃしっかり上まで写せないな。

yasu1605-0013.jpg

この十二本ヤスを知ったのはかなり前のことだったんですが、
いつだったかダチKとプロ写真家の岩木登さんの山の中の家に遊びに行った時に、
雨の中の十二本ヤスを全紙くらいに引き延ばした写真を見て 「か、格好良い~!」 と一目惚れ。
まるで金属の様な木肌で、存在感が半端ない、たった1枚でこの樹の凄さも分かる感じ。
なもんだから、いつか絶対この目でその樹を見てみたいと思ってたんです。

yasu1605-0016.jpg

ここに来るまでは、「まあ、たぶんあんな感じの写真撮れるだろう・・・」
恐らく三沢から来たオヤジ2人はそう勝手に妄想してたんです。

yasu1605-0011.jpg

ダチKと十二本ヤスの周りをクルクル回り、離れたり近寄ったりしてみたんですが・・・

こりゃ、あかんって!( ̄∇ ̄#)

あんな迫力ある十二本ヤスなんて、どうやっても撮れません。
いや、岩木さんが撮った時は雨も降ってたろうし、それで・・・いやいや雨降ってたって撮れねーな。
例え同じ日に行ってたとしても全然駄目だったろうな。
ただびしょ濡れになって風邪ひいて終了って感じだったかも。

yasu1605-0020.jpg

ちょっとちょっと!自分のカメラとレンズの¥が1桁ずつ違うのお使いの、そこのオッサン!
かなり岩木さんに近い装備で挑んでる、ちょっとそこのオッサン!
なに超特急で諦めてプラプラしてるんだよ~!俺なんて超お買い得の標準レンズで頑張ってるって言うのに。

yasu1605-0034.jpg

と、言いながら近くの象さんみたいな樹に没頭してみるオラ (〃 ̄∇ ̄)ノ
う~ん、自分的には象さんなんだけど、見ようによっては写真に変なタイトル付けたがる人もいるかも(笑)

yasu1605-0035.jpg

yasu1605-0037.jpg

象さんの裏っ側。
なんでこんな形になったのか摩訶不思議。

yasu1605-0038.jpg

yasu1605-0029.jpg

気を取り直して、いざ十二本ヤス撮影再開!

yasu1605-0043.jpg

ああ~・・・ う~ん・・・ ええっと・・・

yasu1605-0050.jpg

あかん、どうやっても真似できへんがな。

yasu1605-0057.jpg

つ~ことで撃沈 ┐(-д-`;)┌ ヤレヤレ

教訓 プロの真似はそうそう出来ません
 
 
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 津軽地方の話題 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<天王つつじまつり | メイン | 五所川原 まるみそば店>>
コメント
-RE: JADEさん-
おお~行ったことありますか!
あの辺りは道はあれど山深い所ですからねぇ。
幾ら道路から近いとはいえ無防備過ぎました。
それを聞いたら2度と行く気が・・・と言いながら、
日本一のブナも気にかかる~ってか(≧∇≦)/
2016/06/17 22:34  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

--
何年前だっけ...一度だけ行きました。
この木を見てたら、遠くの方~~40mくらいかな?の一本の木が物凄く物凄く不自然にゆっさゆっさ揺れてましてですね.....
スタコラサッサッサノサ~っと逃げ帰った記憶がありますです、はい。
2016/06/17 13:26  | URL | JADE #-[ 編集] |  ▲ top

-RE: 季楽さん-
そう、あのヤスだったんです。
プロが雨の中で撮ったという十二本ヤスは写真のデカさもあったんですが、
樹の存在感が半端なかったです。

根まがり竹はこちらの郷土料理に欠かせません。
オラは煮しめとかに入ってるのが好きですねぇ。
デカい山菜用のザック1つで16000円くらいになると聞いております。
今年は全国的にクマが多いそうなので、今まで居なかった所にも出没しています。
油断大敵ですよ~!
2016/06/17 02:05  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

-RE: 銀の小鈴さん-
ちゃんと撮れなかったので、せめて枚数と語りだけでもと(笑)
樹の撮影って難しいですよね。
どの方向から撮れば格好良く見えるのかってのが重要だと思うんですが、
それがちょっとずれただけで表情が全然違ってきますよね~。

岩木さんちは2、3度あります。
それこそ記事に登場するダチが写真の添削してもらってたんです。
今は止めちゃいましたけど。
2016/06/17 01:53  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

-ヤスとは-
銛の事だったのですね。
いやなんとも迫力のある木です。
プロカメラマンが撮った写真を見てないので、比較ができません。
このままプロが撮ったとして掲載しても行けるのでは?(^_^;)

ところで、熊の被害が相次いでます。
熊の恐怖に打ち勝つほど魅力が有りますかね、ネマガリ竹。
私も好きですが、こちらには無いので、クマに襲われる心配は有りません。
2016/06/16 23:42  | URL | 季楽 #LkZag.iM[ 編集] |  ▲ top

--
いやぁ~ 迫力十分ですね!
意欲的で丁寧な描写がポン太さんらしい。
枚数が多いのにまったく飽きさせない展開
ひきつけられちゃいました。
可憐な山野草もありご機嫌です。

岩木さんはプロだから‥‥
そうかぁ、山の自宅に遊びに行ったことあるんですね。
2016/06/16 10:49  | URL | 銀の小鈴 #yntLk7kg[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1710-cf8e28e3
| メイン |