名川秋まつり2016 (最終日 1)
- 2016/11/10(Thu) -
odori16B-0004.jpg

え?まだ名川秋まつりシリーズ続いてたの!?と驚くなかれ。
名川秋まつりを堪能するには1日じゃ全然足りません!ってことで次の日にも行っちゃったので、
当然ながら続くのであります。いや~航空祭とかいつになるんでしょうね?もう三沢には雪積もっちゃったし(大汗)

(クリックで大きな画像がご覧いただけます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
odori16B-0005a.jpg

前日は車で来てたので駄目でしたが、本日はバスと電車を乗り継いで来たので生ビ行っちゃったYO♪

odori16B-0007.jpg

南部芸能伝承館の広場に集結した5台の山車。

odori16B-0006.jpg

odori16B-0011.jpg

そして始まりました名川秋まつり最終日。

odori16B-0014.jpg

女の子?

odori16B-0012.jpg

5台の山車は行きは南部の祭りらしく、笛に小太鼓、大太鼓を打ち鳴らしながら、綱で山車を曳いて進みます。
距離的には南部芸能伝承館から上町までの凡そ1kmの道程です。

odori16B-0017.jpg

odori16B-0018.jpg

荒町の山車には3枚の看板娘・・・あれ?Eちゃんは仕事かな?

odori16B-0019.jpg

odori16B-0021.jpg

ホント、行きだけ見てると、三沢や八戸の祭りとそうそう変わりません。
山車も小さいし、何も知らないで山車の運行を見かけた人には小さな町の小さな祭りくらいにしか見えません。
唯一違うのは振袖を着た女の子がたくさんいるということでしょうかね?

odori16B-0022.jpg

そんな小さな町の小さな祭りが、山車が一度止まった時から、そんじょそこらの祭りとまるで違うという驚き!

odori16B-0024.jpg

あ、まだ山車は止まってませんでしたね(汗)

この踏切越えは名川秋まつりで必須なのであります。
なにせ南部芸能伝承館から上町までの丁度真ん中ら辺にこの踏切がありまして、
流石にここではお囃子も止めて安全運行に徹して渡ります。
これが踊りの本番を迎えて山車と山車の間を駆け回って写真を撮ってる時には
結構なブレーキになっちゃったりするんですよね~。まあ都市部ほど本数がないので偶になんですが。

odori16B-0025.jpg

odori16B-0028.jpg

君たちも祭りに参加してるつもりかね?

odori16B-0029.jpg

上町から山車が戻ってきました。
この区間の唯一の坂道ですが殆ど大人だけのパワーで登り切ります。

odori16B-0034.jpg

山車が落ち着いたところで、いよいよ名川秋まつりの本領発揮です。

odori16B-0038.jpg

odori16B-0036.jpg

明るい時の方が写真は撮り易いんですが、やっぱ夜の方が情緒があって良いかもですね。

odori16B-0041.jpg

おっ上町の山車に追いつきました。

ということでお次は上町の踊りからでございます。
 
 
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 南部地方の話題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<名川秋まつり2016 (最終日 2) | メイン | 黒石 中野もみじ山と観光りんご園>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1770-bb598051
| メイン |