まい かめら
- 2017/02/08(Wed) -
camera16110001.jpg

奥入瀬渓流で SONYのα6000 を水没させてからというものの、
次に買うカメラを散々迷っていました。

自分がこう使いたいっていう機能を持ったカメラが欲しい。
そんでもってお手軽価格(でもないけど)で買えるのじゃなきゃ駄目。
この条件を満たすカメラって言うのはなかなか無いんですよね。

(クリックで大きな画像がご覧いただけます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
今までミラーレスのカメラを使ってたので、やっぱ次の新しいカメラもミラーレスが欲しい。
今さら一眼レフみたいなクソ重たいカメラなんて持ちたくないですよ。
別に作品を目指すわけでもないし、AFが早くて正確で思った通りに
パラパラとお手軽に写真が撮れてくれたら良いなと思ってたわけであります。

そんなミラーレスのカメラの中で1番欲しかったのはフジフィルムのカメラだったんですよね~。
いちいちRAW現像しなくてもjpegの撮って出しで十分綺麗だとの評判多し。でもカメラもレンズもちょっと高目。
AFも今時のカメラに比べるとちょっと微妙そう。
でも今出たばかりの XT-2 とか欲しかったんだ、出たばっかでまだまだお高い。
欲しかったけどなぁ。う~ん・・・ってことで却下。

fuji.jpg

次に候補に挙がったのはペンタックスのK-70。
これはミラーレスではないんですが、まあまあ軽いのと全天候型の防塵防滴性能に一目惚れ。
中級機じゃないけど限りなく中級機に近い性能を備えたカメラの様でしたが、
ペンタのエントリー機はシャッター音がバシャコン!とかなり盛大。
量販店で1こか2こ前のペンタのカメラを手に取ってシャッターを押したら、娘がこっちを向いたっていうくらい。
でも最新のK-70だったら少しは良くなったかもなので実機を触ってみたいけど、
田舎ではペンタの最新のカメラなんてお目にかかれないんですよねぇ ┐(-д-`;)┌ ヤレヤレ
ってことでこれも却下。

お次のお次はオリンパスかパナソニックのマイクロフォーサーズ軍団。
今あるデジタル一眼カメラは撮影素子が35mmのフィルム換算で規格が決まってまして、
35mmそのままのがフルサイズ、それよりちょっと小さいのがAPS-C等、
それよりもさらに小さいのがマイクロフォーサーズとなっているわけです。

その撮影素子が小さいってことはそれだけ光を集められないので必然的に高感度に弱くなります。
高感度に弱いってことは暗い所でノイズが出ちゃうんですよ。そこが泣き所ですよね。
マイクロフォーサーズ軍団は超強力なボディ内手振れ補正があったり、正確な顔認識、瞳認識機能があったり、
とんでもない連写機能があったりと、機能的にはお高いフルサイズのカメラよりもテンコ盛り・・・なんですが、
目に止った最新のEM-1 markII は超高い!小ささとか軽さが魅力的だったんだよなぁ。
ってことで却下。

残るは写真を撮り始めた時から使ってるソニーと、二大巨頭のキャノンとニコン。
ニコキャノ両社ともミラーレスは出してるんですが、
ニコンはAFは一眼レフを凌ぐほど良いものの高感度性能がまるでダメ、
キャノンは漸くまともなミラーレスを出したものの、出たばかりでお高くてダメ。
ってことで、それもこれも却下。

んじゃしょうがないからデカくて重い一眼レフでも・・・と考えてみると、
自分が鳥撮影用に持ってるカメラはニコンのV2だったので、
それ繫がりでレンズの使いまわしが出来るニコンのDシリーズが良いかなとも思ったんですよ。
D7300とか良さ気だったし、最近レンズも値段的にもスペック的にも良さそうなの出してたし。
でも中級機には可動式の液晶のカメラが無かったんですよ。これ自分の中では必須な事項。
高感度性能はかなり魅力的だったんだけどなぁ。

キャノンはダチKが使ってたんだけど今1つ気に入る所がなかったんです。
世界的なシェアは№1らしいんだけど、それ故かレンズとかは高いのばっか作ってる殿様商売。
明るくて良いの欲しかったら白くて高くて重い ” Lレンズ ”でも買っときな的な感じ。
高くて良いのは当たり前。ニコンを見習いなさいと言いたい。

カメラ本体もAPS-Cの撮影素子は今時としては高感度に強くなくて、
そんなに高感度気にするならお高いフルサイズにすれば良いじゃんと上からな感じ。
どんなにお高くてもボディには手振れ補正が入ってないのに、
何故か単焦点のレンズには手振れ補正機構を殆ど入れないという不思議。それとも拘り?
ボディに付いてないんだもんレンズにはシッカリ付けてよ。
皆が皆、三脚使って撮影するわけじゃないんだし。
それに気分的に硬派なニコンに、軟派なキャノンって感じもするしね。

sony.jpg

そして今まで使ってたソニー。
α100(一眼レフ)から始まって、ニコキャノよりAFが遅いだの高感度に弱いだのと言われながらも、
何世代か使ってきて、遂にはα6000(ミラーレス)に乗り換えたんですが、
今までαシリーズで 「ボディ内手振れ補正は素晴らしい!」 みたいなこと言ってた割りに、
それをあっさり覆してボディ内手振れ補正無しでの新登場で、
しかもレンズは待てど暮らせど、いつまで経ってもさっぱり揃わず。
70-300mm なんていう極々定番の望遠レンズもなし。
漸くレンズを出し始めたと思ったらフルサイズセンサーのα7シリーズ用のお高いのばっか。
それじゃキャノンと一緒じゃん!

そうしてるうちにα6000より二世代新しくなってα6500ってのが出たんです。
やっと切望してたボディ内手振れを乗せてきて、追従はするけど不正確なピントも改善されて、
さて買おうかいと思ったらα6000の倍以上の値段にしてきやがった。
初値でボディだけで15万超すって庶民を小馬鹿にし過ぎてないかいソニーさんよ! ( ̄ー ̄)o゛プルプル
しかも微かに期待してたα77っていう一眼スタイルのカメラも3代目が出るんだか出ないんだか、
はたまた途中で 「α77 止~めた」 って言いそうな気がしないでもない雰囲気。
それじゃ買ったは良いけど次の世代に乗り換える時に物がないなんて事が起こりえる訳ですよね。

まあ、そんなこんなで他にも幾つか理由もあって、ここにきてソニーを卒業する決意をしたんです。
つまりマウント替えです。これ、カメラからレンズから、細々したアクセサリーまで総取っ換えってことです。
財布にかなりのダメージを喰らっちゃうわけです。大変です。さあ、どうしましょう?
 
 
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | つぶやき | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<我が愛機となってくれるのでしょうか? | メイン | 今年初見のオオワシ>>
コメント
-Re: 季楽さん-
そりゃ悩みますよ。今後の写真ライフが係ってますから( ̄-  ̄ ) ンー
2017/02/12 10:47  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

-悩んでますね-
でも羨ましい悩みです。
私などニコのA900を買うのに、スカイツリーから飛び降りるくらい悩みましたから。(>_<)
2017/02/09 22:45  | URL | 季楽 #LkZag.iM[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1794-38b3c9e2
| メイン |