第2回 ふるさとの巨木と史跡巡り (その1)
- 2018/02/09(Fri) -
kyoboku1711-013a.jpg

ポツポツと冬の訪れを告げる冷たい秋雨の中、ふるさとの巨木と史跡巡りツアーに参加してきました。
こういうツアー的なものは初めて参加した気がします。

(クリックで大きな画像がご覧頂けます)
 
  
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
kyoboku1711-.jpg

ツアーの主催者である、ふるさとの巨木と史跡研究会の高渕さん。
東北巨木調査研究会の会長でもあります。
高渕さんの案内で本日のツアーの始まり始まり~♪

kyoboku1711-002.jpg

ツアーの目玉でもあった惣部の日本一のブナ 『森の神』 は、
奥入瀬バイパスが数日前に降った積雪のために通行止めになってしまったので、
急遽 『仙人橋のドロヤナギ』 へと変更になりました。

kyoboku1711-003.jpg

仙人橋は蔦川に架かる橋でして、蔦温泉よりも上流にあります。蔦トンネルを抜けて直ぐの橋です。
そこの獣道っぽい脇道を老若男女(いや ” 若 ” は要らないな 笑)のツアー客ゾロゾロで分け入りまして・・・

kyoboku1711-006.jpg

見えてきました、国内第2位の大きさを誇る仙人橋のドロヤナギ!

kyoboku1711-008.jpg

ちょっと細身に見えるもののデカい!
樹高約35m、樹齢400年(推定)

kyoboku1711-011.jpg

で、ドロヤナギってどんな木なんですか?と、この木なんの木 気になる木でしたので高渕さんに聞いてみましたところ、
葉っぱはこれ(枯れてますけど)で、初夏にはドロヤナギの綿毛が雪の様に降るのだとか。

kyoboku1711-017.jpg

写真中央は小沢さん。このツアーの第2の案内人で、プロの写真家でもあります。
小沢さんの写真はどこかノスタルジーを感じる写真と言えば良いんでしょうか。
派手さはないけど心の奥深くにある何かに訴えかけるような写真って言うんですかねぇ。

その横には今回のツアーのマイクロバスの運転手さんです。
運転手さんと言ってる時点で、名前をすっかり忘れてるっていう事実は伏せておきます( ̄∇ ̄#)

kyoboku1711-015.jpg

巨木にハグ・・・男がやってると何とも絵にならない不思議なポーズ。
木にさえハグをする日本人女性は愛情が深いんじゃないかと勝手に推察する、愛情から程遠いおっさん約1名。

kyoboku1711-020.jpg

猿の腰掛でしょうか?それともツキヨダケの枯れた姿?
ツキヨダケって夜に怪しく光るキノコなんですが、これがもしそうだったら撮りに訪れたいんですが、
例え道から10分、15分の場所でも、夜の森に1人でなんか絶対に入れませんよね。

kyoboku1711-022.jpg

仙人橋のドロヤナギの近くのこの木、よ~く知ってる参加者のお嬢さんが、
東京だったら安産の木として有名になるかもと。

???・・・あ、なるほどね! こういうことが普通に会話できるお年頃同士ですから (〃 ̄∇ ̄)ノ

kyoboku1711-023.jpg

ツアー御一行様は蔦温泉にやってきました。

kyoboku1711-025.jpg

蔦温泉に来ると大町桂月という高知出身の文人の碑が目に入ります。
大町桂月は十和田湖や奥入瀬、八甲田に感銘を受け全国に初めて紹介し(明治時代)、
紀行文や多くの詩を残し、蔦温泉にて没したという当温泉には縁の深い人なんですが、
なんとその大町桂月のお墓がここにあるのだと初めて知ったのでした。

kyoboku1711-026.jpg

kyoboku1711-027.jpg

お墓の後には立派な木。コナラでしたっけ?ミズナラでしたっけ?

kyoboku1711-028.jpg

kyoboku1711-031.jpg

高渕さんからの貴重な話しをふんふんと聞きながら、その話を全て忘れてICレコーダーの必要性をマジに感じたひと時。

kyoboku1711-033.jpg

kyoboku1711-034.jpg

お墓の後は蔦の森を歩いて・・・

kyoboku1711-036.jpg

冬枯れの蔦沼。あの秋の喧騒が嘘の様です。

kyoboku1711-038.jpg

これ、コアカミゴケって言うんだそうです。
名前に苔って付いてますが、苔の様で苔でない地衣類という菌類なんだそうですよ。

kyoboku1711-039.jpg

kyoboku1711-043.jpg

今度は蔦温泉裏のひょうたん池に訪れました。
ひょうたん池と言えばモリアオガエルの泡で出来た白い卵塊と、この木が有名ですよね。

kyoboku1711-045.jpg

今まで何回となくここを訪れてますが、この木のウロに入ろうとは1度も思ったことがありません。
だいたい来るときは春~秋ですから、死ぬほど大っ嫌いなクモとか居そうですからねぇ。

kyoboku1711-049.jpg

お嬢さんたちは 「空が見える~♪」 と大はしゃぎしておりました。

kyoboku1711-047.jpg

ここでもハグ、ハグ、ハグの嵐♪

kyoboku1711-050.jpg

駐車場に戻ってきました。
この写真を撮った時点ではまだ活躍してなかった除雪車ですが、今現在は大活躍中でしょうね。

さてさて、この次はだんだんに里に下りていくのです。
 
 
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 南部地方の話題 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<第2回 ふるさとの巨木と史跡巡り (その2) | メイン | 秋の夜の弘前>>
コメント
-Re:うさぎもちさん-
いや~、うさぎもちさんお久しぶりです!
お元気でしたか?

こちらは相も変わらず地元をウロウロしております。
故郷を離れた人たちが懐かしいと思ってくれるだけで、
ブログを続けてる意味があるんだなぁと嬉しくなっちゃいますね。
また遊びに来てくださいね~♪
2018/02/13 07:03  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

--
ポンタさんお久しぶりです!
大学卒業してからなかなか忙しい日々で訪問することできずにいましたが、相変わらずアクティブに素敵なお写真撮られて居るようで嬉しく感じました!
青森の風景見て懐かしく癒されましたー。
2018/02/11 16:03  | URL | うさぎもち #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1891-5e1d6bd1
| メイン |