FC2ブログ
幸せの赤い鳥2017 (その2)
- 2018/02/22(Thu) -
aka1707B-020.jpg

十二湖2日目です。
今回は150-600なんていうバカでかいレンズ持ちなんで、青池以外は行く気になれず、
かと言って他の池に行くと、それこそ超高級バズーカ持った鳥屋さんが殺気立って陣取っているので、
ひたすらず~っとず~っと同じ池に居ました。

(クリックで大きな画像がご覧頂けます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
aka1707B-001.jpg

一昨年もそうだったんですが、昨年は初めて来た時より確実に鳴き声が少なかったんです。
聞けば、アカショウビンが渡ってくるのがちょっと早かったとかで、既に雛が巣立ち始めているとの情報が。
渡ってきた直後は縄張り争いとかメスの取り合いで激しく鳴き合ってたんだとか。

ホント初めて来た時は、そこかしこでキョロロロロ~♪ キョロロロロ~♪ って聞こえてたんですよ。
朝なんか止めてた車の直ぐ近くで鳴いたかと思えば、ちょっと離れた所で2、3羽が鳴き返すなんてことも。
それが昨年はいくら耳を澄ましても鳴き声が聞こえませんでした。

aka1707B-002.jpg

あ、飛んでっちゃった!

aka1707B-004.jpg

あれから3時間半、全然アカショウビンが来なくて、やっとで本日2度目のご対面 (T▽T)

aka1707B-011.jpg

aka1707B-012.jpg

アカショウビンを待ってる間には、クマタカが直ぐ近くの木から出てきて低空で目の前を通過するという、
ビックリ仰天な出来事があったんですが、当然のことながら撮影なんて出来るはずもなく、
ノスリよりデカいな!?くらいにしか判別できなかったド素人に比べ、
しっかり証拠写真押さえたという凄腕な人もいて、しかも瞬時に鳥の名前まで出てくるなんて・・・
え?1人じゃなかったのかって?

aka1707B-071.jpg

んなわけないじゃないですか、この超人気スポットで。ま、東京とかの方がもっと凄まじいらしいんですがね。
ほぼ関東から遠征してきた人たちだったんですが色々な話しも聞けました。

しかし皆さん、どんだけリッチやねん?と思うくらい全国津々浦々行っておりまして、機材を含め裏山Cこと此の上なし。
自分のより1桁、2桁値段が違う超高級レンズ、3~5倍の価格のカメラ本体等々、世の中は不幸にできてますね。
初老のご夫婦は北海道旅行(主に野鳥撮影)の帰りに2、3泊こちらに滞在する予定なのだとか。
ここに1週間滞在する(もちろん宿とって)なんて人たちも。
とてもとても小っこい軽で車中泊、昨夜の晩飯はマックスバリュの寿司(奮発した)だなんて言えましぇん。

aka1707B-016.jpg

aka1707B-019.jpg

木の陰からも一応こっちを見てるのね。

aka1707B-023.jpg

2回目に出て来てからというもの、アカショウビン君は目の前で色々な姿を見せてくれました。

aka1707B-024.jpg

aka1707B-026.jpg

不意に誰かが 「雛がいるようだ」 と。

aka1707B-072.jpg

マジ?ホント?いたー!!o(≧▽≦)o
(ちょっとだけトリミング)

aka1707B-033.jpg

雛が鳴いてる~♪

aka1707B-035.jpg

と思ったら親鳥がエサを運んできた!枝が被ってよく見えないっす (T▽T)

aka1707B-036.jpg

aka1707B-037.jpg

親鳥行っちゃった。
それにしてもアカショウビンの雛、初めて見ました!巣立ったあとなんでしょうね。
やっぱりくすんだ地味な色合いなんですね~。
結局見れたのはこの1羽だけだったんですけど、さっきから何回もアカショウビン見れてたのは、
この雛が近くにいたからなんでしょうかね?どっから来たんだろ?

aka1707B-038.jpg

aka1707B-039.jpg

その後もエサを運んでくる親鳥は見れるものの、雛鳥はどこか人間の見えない所に移動しちゃいました。

aka1707B-045.jpg

aka1707B-048.jpg

aka1707B-055.jpg

もうそろそろ帰らなきゃいけない時間が迫ってきてたんですが、今度はエサ取りの瞬間を見せてくれました。

aka1707B-058.jpg

と言っても、着地地点の予想が外れてアカショウビンが上の方に写っちゃってるんですがね。
しかもピントもズレちゃってるし。

aka1707B-060.jpg

アカショウビンはオタマジャクシ、カエル、ザリガニ、昆虫等々結構なんでも食べちゃいます。

aka1707B-059.jpg

aka1707B-062.jpg

今回は失敗したようですね。今度はちゃんと撮りたいなぁ。

aka1707B-064.jpg

そして2017年最後のアカショウビン。
いつもと違う感じの出方をしてたアカショウビンですが、直ぐ傍で見れたし、雛も見れたし、満足といえば満足でした。
期待を裏切らない十二湖ですね。

aka1707B-069.jpg

aka1707B-070aa.jpg

帰りは王池の真ん前にあるここの中華そば。

aka1707B-066.jpg

はぁ~また4時間かけて三沢に帰るのかぁ。
ま、アカショウビンに逢うために来てるから文句も言えないんですが、
せめて半分くらいの時間で来れれば言うことなしなんですがね。
奥入瀬や下北半島にもいるらしいのですが、十二湖ほど数がいるわけでもないですからねぇ。
アカショウビンたちが選んだ十二湖には、選ばれた理由とか条件がそれなりにあるんでしょうね。

なんだかんだ言いながらも、今年もまた行くぞー!!
 
 
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 独り野鳥倶楽部 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<2017年 年末の鳥っこ | メイン | 幸せの赤い鳥2017 (その1)>>
コメント
-Re: JADEさん-
時期さえ合えば意外に簡単に撮れちゃいますよ。
飛び回るのを撮るのと違いますからねぇ。
十二湖へは時間はかかりますが現地に着いてしまえば、
後は駐車場に車を止めて5分か10分くらい歩いて青池です。
2018/02/24 13:08  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

--
こんなに人がいれば安心ですね~。私でも教えて貰えれば撮れちゃったりして!
行ったことのない青池、十二湖。意外と気軽に行けるんですか?
2018/02/23 11:12  | URL | JADE #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1896-2850d93f
| メイン |