FC2ブログ
みちのくの小京都 角館 (その1)
- 2018/07/17(Tue) -
akita1804-013.jpg

ゴールデンウイークSP第1弾はお隣秋田県の角館。
みちのくの小京都と呼ばれる角館は、樹齢200年を超す枝垂桜と武家屋敷のコラボが魅力的な城下町なんです。

(クリックで大きな画像がご覧いただけます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
akita1804-003.jpg

角館に来るのは何十年ぶりだろう。カミさんと結婚したかしないかくらいの時に来て以来です。
上の娘が22歳ですから、最低23年以上前ですね。

akita1804-006.jpg

akita1804-007.jpg

この日は暦でまだ4月。それでも夏かと思わせるほどの暑い日でした。

akita1804-014.jpg

akita1804-017.jpg

akita1804-018.jpg

武家屋敷は解放されている所とそうでない所がありました。

akita1804-019.jpg

akita1804-022.jpg

akita1804-023.jpg

通りの枝垂桜は残念ながらほぼ終わりかけでしたね。

akita1804-026.jpg

akita1804-027.jpg

角館は元和六年(1620年)に当時の大名であった蘆名 義広(あしな よしひろ)が、
館のある古城山の北にある城下町を、反対の南側に造り変えました。
北は内町と呼んで武士が住み、南は外町と呼んで町人や商人が住んでいたそうです。
(仙北市観光商工部観光課HP 角館の魅力より)

akita1804-028.jpg

akita1804-031.jpg

返す返すも残念な枝垂桜の終わりかけ。
これが満開の時に来たら凄く綺麗だったことは間違いないですね。

akita1804-033.jpg

akita1804-038.jpg

akita1804-040.jpg

角館も桜が印象的です。武家屋敷と桜ってことで弘前とはまた違う魅力を感じますね~。

akita1804-042.jpg

akita1804-044.jpg

akita1804-047.jpg

この角館には東京から帰省したいつものダチKと一緒に来たんですが、
本当はもう1時間早く着けたんですよ。そうすればもうちょっと日差しも柔らかく人も少なかったんじゃないかと思うんです。
なんで1時間遅くなったかっていうのは次回の記事にて・・・。
 
 
 
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 他県の話題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<みちのくの小京都 角館 (その2) | メイン | 弘前さくらまつり2018 (その2)>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1928-980b8ad6
| メイン |