FC2ブログ
ヤマツツジ咲く奥入瀬渓流
- 2018/08/27(Mon) -
miso180528-006.jpg

もう直ぐ6月という頃に奥入瀬渓流に行ってきました。


(クリックで大きな画像がご覧頂けます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
miso180528-005.jpg

もうちょっと早目だと、薄紫色で花数が少ないムラサキヤシオというツツジが見られるんですが、
この日はヤマツツジがあっちこっちで満開でした。

miso180528-009.jpg

ツツジなんか見ちゃうと、そればっかりに目が行っちゃって、奥入瀬で撮ってるんだか、
どこかの庭先で撮ってるんだか分からない写真になっちゃう感性のなさ (o´Д`)=з

miso180528-010.jpg

miso180528-013.jpg

本来の目的は奥入瀬渓流でもヤマツツジでもありません。

miso180528-015.jpg

miso180528-016.jpg

miso180528-017.jpg

ただただ耳を澄まし、近眼、乱視、老眼の三拍子揃った眼を凝らしながら、ひたすら遊歩道を歩いてます。

miso180528-019.jpg

miso180528-021.jpg

miso180528-024.jpg

いや、ホントにツツジが本来の目的ではないんです。

miso180528-026.jpg

miso180528-025.jpg

miso180528-030.jpg

確か腰が痛いと思いながら歩いてたはず。

miso180528-033.jpg

miso180528-037.jpg

miso180528-043.jpg

いた、いた、いた!!
この日に行った目的は渓流の歌姫ミソサザイ(オスかもしんないけど)だったんです。
渓流の水音にも負けない大きくて、とても澄んだ綺麗な囀りなので、
この記事を読んで下さってる方も聞いたことがあると思います。
体は日本の野鳥でも最小の部類に入りますが、体の小ささからは想像もできない大きな囀りですよね。
しかも結構長いんです。肺活量はどうなんってんだか?

miso180528-045.jpg

見失っちゃった後にカワガラス。
ミソサザイと似たような色なんですが、こちらはムクドリくらいの大きさです。
こちらも渓流ではよく見かける野鳥です。

miso180528-048.jpg

再度発見。ミソサザイは地味で小さいので声を頼りに探さなければいけません。

miso180528-049.jpg

miso180528-054.jpg

2時間ほど歩き回って姿を見れたのは5分くらいでした。なかなか手強いです。

miso180528-061.jpg

カケス。意外に警戒心強し。こんな感じでもカラスの仲間。
ジェージェーと耳障りな鳴き声なんですが、仕込めば言葉も喋られるんだとか。

miso180528-056.jpg

クルマバソウ。

miso180528-066.jpg

ズダヤクシュ。

miso180528-065.jpg

コンロンソウ?

miso180528-063.jpg

奥入瀬を後にして・・・

tori1805-013.jpg

三沢高校在学中の高校生バンド NO TITLEがPVを撮ったであろう森にてアカゲラ。
キツツキって地面に降りて虫食べるんだ!と、ちょっと驚き。

tori1805-.jpg

tori1805-001.jpg

ちょっとカメラを意識してるモズくん。

tori1805-008.jpg

tori1805-009.jpg

カンムリカイツブリ

tori1805-003.jpg

tori1805-002.jpg

そして最後はミサゴ。英名ではオスプレイ。
そう、あの話題の垂直離着陸できるプロペラ機の名前の元になった鳥です。

目的の野鳥は撮れたけど、なんだかすっきりしない感じ。
こりゃリベンジだなと思った次第でございます。
 
 
 
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 独り野鳥倶楽部 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<第30回 アメリカンデー2018 | メイン | 雪中行軍遭難記念像>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1939-ebd5e3d5
| メイン |