FC2ブログ
イルカいないかキャンペーン
- 2018/09/07(Fri) -
iruka180609-001.jpg

イルカいるか?いないかいるか?
青森県の陸奥湾は例年春先になるとイルカの群れが湾内に入ってくるそうで、
そのイルカを見てみようと、この日(6月9日)行われたイルカいないかツアーに便乗して、陸奥湾フェリーに乗っちゃったのでした。

(クリックで大きな画像がご覧頂けます)
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
kouro_map.jpg

陸奥湾フェリーは津軽半島にある蟹田と、下北半島にある脇野沢を60分で結ぶフェリーなんです。
そのフェリーが航行中にイルカの姿が見られるということで、
今年は4月21日~6月30日まで 『イルカいないかキャンペーン』 を行いました。
普段の料金は、2等旅客片道 大人1,770円 小人890円、2等旅客往復 大人3,370円   小人1,700円

iruka180609-008.jpg

蟹田港では地元の消防団の観閲式のためにフェリーが着く場所が微妙に変わってました。

iruka180609-009.jpg

いざ出港!今日は 『イルカいないかツアー』 の皆さんと一緒です。
hitomiの宝箱のひとみちゃんも遥々東京から参加してます。

iruka180609-047.jpg

自慢できるくらい船にはしこたま弱い自分です。
連休中に乗った浄土ヶ浜のサッパ船 (過去記事参照)では案の定なことになりましたが、
今回は人生初の酔い止め薬という力強い味方がいるのさ!

iruka180609-005.jpg

船内ではイルカいないかツアーに企画協力している、青森大学のイルカ博士こと清川敏人教授が、
野生のイルカについての説明等をしています。こちらで主に見られるのがカマイルカだそうです。

iruka180609-004.jpg

清川さんは釣りのHPをやってる時からの知り合いでして、アクティブに県内のイベントに顔を出してたんですが、
いつだったかいきなり忍者の格好をしてテレビに登場! (  ° ▽ ° ;) エッ?
なんでも忍者部なるものを作り大学の学生たちと日夜遊んでる 研究してるんだそうです。

iruka180609-50.jpg

今回のイルカいないかツアーのパンフの写真もなぜか忍者姿(笑)

iruka180609-006.jpg

こんな写真撮れたら良いなぁ。
因みに湾内で見られるカマイルカの名前の由来は、背びれが鎌のような形になってるからだそうです。

iruka180609-014.jpg

今日は曇り時々雨という悪いコンディションでして海もちょっと荒れてます。

iruka180609-013.jpg

イルカいないかツアーは正にイルカ尽くしの内容のようで、フェリーでイルカを見た後は浅虫水族館でイルカショー、
先着8名にはその後、漁船でイルカ探索クルージングだそうです。
ツアーに参加していない自分は、このフェリーでしかイルカを見れないんです。だから頼むよ~!

iruka180609-018.jpg

フェリー出発から40分。イルカ出ましたよ!と誰かが叫んだ。あ、ホントだ!
この日は小雨が降る日でして、東京方面から来られた方々には寒かったようで、
船内に逃げ込んでたひとみちゃんたちに 「イルカ出たよ!」 と呼びに行って・・・。

iruka180609-022.jpg

iruka180609-019.jpg

ひとみちゃんは偶然にもイルカがガッツリジャンプしている写真をゲット。しかもコンデジ。
さすがブロガー!持ってるね。一方、一眼を構えてた自分はこの程度 ┐(-д-`;)┌ ヤレヤレ

望遠で狙おうなんて考えは甘かった。たくさんいるんだったらまだしも、どこから飛び出すかわからないイルカだもん、
もうちょっと広角で狙った方がファインダーに捉えられるチャンスも多かったよねぇ。

iruka180609-021.jpg

今年は湾内に入るイルカの群れが少ないようでした。
今年の春先に横浜町の砂浜に大量のイワシが連日打ち上がったというニュースがありました。
その所為もあるのではとイルカ博士の清川先生が言っておりました。

iruka180609-028.jpg

霧の中に脇野沢の鯛島が見えてきました。なんとなく鯛に見えるでしょ?

iruka180609-031.jpg

往路の脇野沢港に到着。30分後には蟹田に向けて再出発。

iruka180609-033.jpg

陸奥湾フェリーは1度に往復券を買うのではなく、着いた所でもう1度券を買うシステムです。
蟹田では一応往復券を貰うんですがね。
その時、「イルカ見えました?」 と聞かれたので、「あんまりちゃんと見えなかったんですよ~」 と答えたんですけどね。

iruka180609-041.jpg

帰りのフェリーでイルカの出現を期待するも・・・

iruka180609-039a.jpg

見えるのはウトウばっかり。
このウトウはペンギンみたいな恰好の鳥でして、嘴に何匹も小魚を咥えて巣に持って帰るのでも有名です。
1匹目は分かるけど、2匹目3匹目4匹目・・・って、どうやって咥えるんでしょうかね?

iruka180609-043.jpg

iruka180609-045.jpg

帰りはとうとうイルカを見ることなく蟹田に着いてしまいました。残念!

はぁ~っと溜息つきながらターミナル前に止めてた自分の車に戻るとフェリー会社から電話が。
何かと思ったら、手続き上の間違いがありましたと会社の人が出て来て、
キャンペーン中にイルカを見ることが出来ると、往復運賃の半額が返ってくるのだとか。
それなので復路の代金はお返ししますとお金を持ってきてくれたのでした。

マジか!?陸奥湾フェリー、なんという太っ腹キャンペーン!(* ̄▽ ̄*)

片道でもイルカに出会うと記念品を貰えちゃうみたいです。

来年もこのキャンペーンがあるなら是非乗りたいです!(たぶん無くても乗るけど)
その時はもうちょっとイルカの出現率が高い5月中旬~下旬頃がベストかも。
来年はイルカをガッツリ撮るぞ~!!
 
 
 
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 津軽地方の話題 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<6月の仏沼 | メイン | 奥入瀬のミソサザイ>>
コメント
-Re: JADEさん-
5月の中旬から下旬が1番出現率が高いみたいです。
蟹田から乗ってイルカがいない時は脇野沢のサルで我慢さするとか(笑)
2018/09/12 17:19  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

--
ず~~っと気になりつつ、なかなか思い切れずにいるフェリー。
家族五人で乗って、いなかったらって思うとどうも二の足を。

いいな~野生のイルカ~
2018/09/12 16:02  | URL | JADE #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/1942-05d01a67
| メイン |