渋柿が・・・花盛り?
- 2008/11/25(Tue) -
nagawa0811a_eip.jpg

国道4号のチェリーセンター手前を左折して、只今三戸婆ちゃんちに向っております。
道端のこの案山子、ハロウィンにでも参加できそうな感じですな。
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v nagawa0811j_eip.jpg

今の季節、名産の菊も紅葉も終わって見るものが殆どないと思いきや、
南部町の里山ではオレンジ色の柿の実があちらこちらで見られます。

nagawa0811c_eip.jpg

勿論、三戸婆ちゃんちにも、またそのお向かいさんちにも柿の木がある訳でして、
天気も良いからパチリと思わず撮りたくなっちゃいます。
それにしても青空バックで写真を撮って、ゴミが写らないと言うのは実に気持ちが良いっす♪

nagawa0811e_eip.jpg

ところが婆ちゃんちでは柿を商売にしてる訳じゃないので、ちょっとしかやらないんですよ。
しかも今現在、まだ柿の収穫もしてません。
だから干し柿は他所の家のを撮りに行かなきゃなんですよ~(ー'`ー;)

ここの家の干し柿は綺麗に並べてやってますね。
玄関先で声を掛けて写真撮らせてもらっても良いんですが、この日はちょっと勇気が出なかったです。

nagawa0811d_eip.jpg

この柿は妙丹(みょうたん)柿なんですが、超激渋です!(≧◇≦)しょえ~

試しに食べたことあるんですが、口の中の唾が全て干上がってしまう感じですよぉ!
これが皮を剥いて天日で干されると何故か甘くなるんですよね~。

もう1つ昔ながらの知恵での食べ方があります。
柿のヘタに焼酎を浸けてビニール袋に入れてコタツの中に入れとくんです。
数日入れておくと渋みが取れて甘い柿になっちゃうんですよ。
これ、三戸婆ちゃんちでよくやってます。
日数が足りないと微妙に渋みが残っちゃってる時がありますがね。

柿って元々渋いものなんだとか。
柿の渋味の元はタンニンと呼ばれる成分で、
これは水溶性なので人間の唾液に溶け出して渋味を感じるそうです。
その柿の実をアルコール等で酸化させるとタンニンが溶けにくくなって、
人間の舌に反応しなくなり甘味だけを感じるようになるんだそうです。

昔の人はそんなのどうやって発見したのかは解りませんが、
昔ながらの知恵と言うものは本当に素晴らしいですよね~。



スポンサーサイト
この記事のURL | 南部地方の話題 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<毛豆シュー | メイン | 十鉄の駅そば>>
コメント
-Re: 青森太郎さん-
そ~いえば妙丹柿も干し柿にしてるのも南部以外で殆ど見ないような気がしますねぇ?
この干し柿を撮りたくてカミさんち周辺を見て周ったんですが、
その直ぐ後くらいにカミさんちの極々近所の家の
干し柿作りがニュースに出てたんですよ~(ー'`ー;)


2008/11/28 00:28  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

-Re: フィールダーさん-
若しかして新幹線好きかなと思ってました。
序にフィールダーさんも好きなんじゃ?(笑)

娘さんご夫妻が名川だったとは驚きです!
オラは法光寺周辺を周ってましたが・・・。
いや~なんか親近感湧きます(^0^*

2008/11/28 00:22  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

-この柿は-
津軽地方では見ませんね。ほとんど庄内柿でしょうか。あの平べったい柿です。この干し柿は見事ですね。やっぱ串に刺して干さないと干し柿らしくないです。こちらでは、最近、干し柿はみかんネットに入れて干すのが主流です。鳥よけにもなるし、管理が簡単なためですが、何だか風情がありません(汗)。
2008/11/27 00:23  | URL | 青森太郎 #Jy816MOA[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは-
なぜ昨日二戸に行ったかを語るのに重要なヒントがこの記事にありました。

妻と写真撮りに行こうと出掛けたのですが、途中にある娘宅に寄ったら一緒に行くと言い出したので、4人でドライブに出発です。
結局、孫が飽きない様なドライブする事になりますね。
新幹線に乗るのが好きな孫に喜んで貰いたくナニャートに行った訳です。

本当は、干し柿がぶら下がっている風景を撮る予定だったんですがね。

ちなみに娘夫婦の住まいは、旧名○町です。
ちょっとニアミスしたかもですね。
2008/11/25 12:58  | URL | フィールダー #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/205-01b12a0c
| メイン |