キリストの墓 (新郷村)
- 2009/05/04(Mon) -
shingou0904n_eip.jpg

間が随分と空きましたが、
新郷村にある北東北最大級の水芭蕉群生地を見た後、キリストの墓を訪ねました。
人口3000人余りのこの小さな村には不思議なキリスト伝説があるのです。
このキリスト伝説、実は昭和に入ってから突如湧いた話しなのです。
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
 
shingou0904kk_eip.jpg

昭和10年、茨城からやってきた男が突如キリストの墓の存在を叫んだのです。
この男は皇祖皇太神宮の館長 竹内巨麿と言い、
竹内家に伝わる古文書 「竹内文書」 に記されていたキリストの墓を捜し歩いていたのだとか。
向って右側がキリストの墓(十来塚)、
左側がイスキリの耳と聖母マリアの髪の毛が葬られていると言う十代墓です。

shingou0904LL_eip.jpg

その 「竹内文書」 によると、ゴルゴダの丘で磔になったのは弟イスキリで、
キリストはここ戸来(現 新郷村)に逃れて106歳で天寿をまっとうしたらしいのです。

shingou0904o_eip.jpg

キリストがここで暮らしたというのは途方もない様な話しに聞こえますが、
新郷村の旧名 「戸来」 はヘブライが由来だとされ、
生後10ヶ月の赤ん坊を初めて外に出す時には額に墨で十字を書く習慣が残り(今も?)、
キリストの子孫と言われる沢口家の家紋はダビデの星と同じもので、
ナニャドヤラという踊りで唄われる歌は日本語では意味も解らず、
ヘブライ語に訳すと本来の意味が解るのだとされています。
説得力がある様なない様な話しですが不思議な話しです。

shingou0904pp_eip.jpg

我が家は仏教ですが、教会のある保育園出身のチビ。
あながち縁がない訳でもないのでお祈りを・・・チビ、イエス様は君の後ですよ(大汗)

shingou0904m_eip.jpg

新郷村にはこの他に、エジプトのピラミッドよりも古いとされる大石神ピラミッドもあります。
近くにはこれまたピラミッドではないかと言われる十和利山もあります。
何もない様でさりげなく驚かされる不思議空間 新郷村。
平成の大合併にも負けずに今も尚、村として残っています。
なんとなく応援したくなる新郷村でした。

新郷村の水芭蕉をご覧になりたい方はこちらです→ポン太の無駄撮り写真集


最近リンクして頂きました~♪

Haching Life・・・Cちゃん
ぴょーこ+ブーの馬日記♪・・・ぴょーこさん
いちごなハート・・・pikoさん



スポンサーサイト
この記事のURL | 南部地方の話題 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<森と水とチューリップフェスティバル | メイン | 桜流鏑馬2009 組長見参!>>
コメント
-Re: pikoさん-
いえいえpikoさん、こちらこそです。
新郷村村民さんには失礼なんですが、せっかく八戸から上陸したのに、
何でこんな片田舎にキリストさんが住んだんだか不思議ですよね~。
特に布教活動もしてなくて、三女を儲けて普通に暮らしてたって言うんですから。
謎が謎を呼ぶ新郷村です。
2009/05/04 18:13  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

--
リンク有り難うございました。(*^^*)

この場所は 本当に不思議な感じが漂っている場所
ですよね。
キリスト様が 青森にいらしていたら・・・って、本当
素敵なお話だと思います。
もしそうだったら、なんだか、わくわくしませんか?
2009/05/04 17:53  | URL | piko #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/330-80258191
| メイン |