みんなで蜂屋さん その2
- 2011/06/26(Sun) -
hachimitsu11-12_eip.jpg

さあ、次はオラたちの番です!
因みにチビが被ってる養蜂でよく見かける網のついた帽子は、調べてみると 「ソ連式面布」 と言うのだそうですよ。
まさか養蜂見学で旧ソビエト連邦の名前が出てくるとは驚きです。
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
hachimitsu11-15_eip.jpg

左側で色々と説明してくださってるのが、この養蜂所の御主人 鳥谷部さんです。
さすがプロですね。素手ですよ、素手!(◎o◎;)
と言いながら、オラもゴム手袋忘れてきちゃったので素手なんですが、シャツの袖はしっかり手首まで下ろしてます。

鳥谷部さんが持っているのは、蜜蜂を大人しくさせる燻煙器です。
ワラトか新聞紙を中に入れて燃やして、その煙をパフパフさせるんです。

hachimitsu11-13_eip.jpg

この巣枠に、た~っぷりと美味しいハチミツが詰まってるんですよね~♪
上の段は人間用、下の段は蜜蜂たち用です。
働き蜂の寿命は1ヶ月~数ヶ月、女王蜂は数年生きるらしいです。
働き蜂はその短い一生の間にティースプーン1杯分のハチミツを集めるんだそうです。
だからハチミツは大切にありがたく頂かないとですね。

hachimitsu11-17_eip.jpg

その証拠に、「重~い!!」 とチビ。

hachimitsu11-19_eip.jpg

その重いハチミツを蓄えてるのが蜜蝋で作られたハニカム構造の巣です。よく見ると奥に蜜蜂の幼虫が見えます。
この正六角形で構成された巣は、少ない材料で軽くて最強の強度と最大の保管性を保つという、
なんとも自然界の素晴らしさを感じるじゃありませんか。
これにヒントを得た人間は航空機の翼やダンボールなどにこの構造を利用しています。

hachimitsu11-20_eip.jpg

王台を削ると中から白い大きな幼虫とローヤルゼリーが出てきます。
その味はと言うと、ほんのり酸っぱくてヨーグルトの様です。

蜜蜂の巣は蜜や花粉の貯蔵庫、幼虫の生育所、女王蜂を育てる王台に分かれています。
女王蜂は只管卵を産み続け、未受精の卵は雄蜂に、受精卵は雌の働き蜂になり、
同じ雌でもローヤルゼリーのみで育った雌が女王蜂になるんだそうです。

hachimitu11-21_eip.jpg

そんな巣のハチミツをマル齧り。美味~っ♪

hachimitu11-38_eip.jpg

美人姉妹なお姉さんたちも可愛くマル齧り♪
いや、ホント美人さんなんですよ~(//∇//) テレテレ

hachimitu11-25_eip.jpg

hachimitu11-28_eip.jpg

蜜蜂の巣箱見学が終わった後は、パンにたっぷりハチミツをつけて食べたり、
ハチミツのボトルをお土産に貰ったり、残り少ない時間はハチミツ三昧。

hachimitu11-24_eip.jpg

ハチミツ大好き娘は ほいひ~♪ を連発(^0^*

hachimitu11-29_eip.jpg

そして最後は参加者全員で記念撮影。
こんな時に名刺も忘れちゃって、美人姉妹に 「ブログ見てね♪」 とも言えず、観光協会とかの繫がりも築けず、
次回はしっかり準備していかなきゃと心に固く誓ったのでした。
チビ、来年は中学生だけど、また一緒に行こうね。

いや、頼むから一緒に行ってちょ~だい!( ̄∇ ̄#)

※この体験を事前に教えてくださった毎日幸せに in 青森のshouske0さんに感謝です!!
 
 
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | ポン太家の歳時記 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<100人のバッグ祝賀会! | メイン | みんなで蜂屋さん>>
コメント
-Re: 浜風さん-
チビが良い嫁になるかどうかは分かりませんが、
号泣する事はまず間違いなしですな(^0^*
2011/07/03 06:18  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

-Re: nonomiさん-
どうせ作るなら3姉妹コースですな。
今更、男坊主は要らん!体力的に無理ってもんです( ̄∇ ̄#)
2011/06/29 21:58  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

--
もう一人、妹か弟を・・・
どうですか?(^▽^)
2011/06/29 11:17  | URL | nonomi #tjT4FRaA[ 編集] |  ▲ top

-Re: 割烹白山様-
いつもありがとうございます <(_ _)>
オラもスズメバチは刺されたことがあるので大の苦手なんですが、
蜜蜂は余程のことがない限り刺してこないので大丈夫ですよ~。
とれたての蜂蜜はサラッとして美味しいんです♪
そちらでも養蜂体験出来るのなら参加必須ですよ!
ってか、そしたらオラもまた参加したいです(^0^*
2011/06/29 05:45  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

-お久しぶりです-
いつも楽しく拝見しております

養蜂 昔からすごい興味ありますが

蜂が 昔からすごい苦手です。。

でも、やっぱりかなり美味しそうですねー


2011/06/28 18:35  | URL | 割烹白山 #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: hitomiさん-
そんな繊細なことをオラに質問してはいけません。
特にああいう場ではアドレナリンがたっぷり出てて微妙な味わいはnothing!(笑)
でも、あの取れたての蜂蜜は変なえぐ味というか癖がなくサラサラな感じでした。
蜂蜜を口に入れた瞬間の鼻に抜ける独特な香りがなくて美味しかったですよ~♪
巣はチュパチュパ吸ったり齧ったりしたんですが、そのまま食べても害は無いそうです。
蜜蝋の香りはありましたね~。
ポキっと折ったばかりの巣は蜂蜜が溢れるように滴り落ちてくるので口に入れるのが忙しいですよ。
2011/06/28 06:35  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

-Re: 0009さん-
日本と西洋の蜜蜂は見た目は似てますが性質は随分違うみたいですよね。
やっぱ日本の方がしおらしい感じですが、スズメバチには立ち向かうという大和魂も?
そのしおらしさが養蜂を難しくしているみたいんですがね~。
プロジェクトのご成功をお祈りいたします。
2011/06/28 06:26  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

--
しかし、ちびちゃんはいいお嫁さんになること間違いなし。
嫁ぐ日、号泣するポン太さんが容易に想像できる。
私も、花嫁の父ですが、結婚式では絶対挨拶させることが嫁にやる条件です
たぶん、何もいえないだろうけど。
2011/06/27 23:53  | URL | 浜風 #-[ 編集] |  ▲ top

-しつもん-
巣の部分って、どういう味なんですか?
別のものに例えると、何が一番近いですか?
特に食感が気になりますヨ。

2011/06/27 18:07  | URL | hitomi #vvoSJwu6[ 編集] |  ▲ top

-ふぅ。。。-
昨日はpooh隊の親睦BBQをS鹿某処古い知人所有で
仲間の1人が管理してる施設で賑々しく執り行い。。
お抱え運ちゃん同行したのでおもいくそ飲み食いでけました
まぁ新しく今春開通した山脈ぶち抜くトンネルで早い早い
迂回いてた以前に比べ半分一時間で辿り着くように??
今朝はちぃとぽんぽんが凸してる うっぴ。。

でぇ話しはちゃう 養蜂の話ね(^^; 採蜜考えると
西洋は春かに効率的でその盛りの花ブランドで採れるねん
其処行くとニホンミツバチは巣を作る所から始めるから
最盛期のときにせっせと巣を作ってるなんつう有様でし
それと蜜を回収すると翌年群を又巣に誘わないとあかんのね
そのためニホンミツバチの蜂蜜は高価な値が付いてます
1ボトル8000とか1万の声も 効率から言うと止むを得ない
それでも養蜂で生計立てるのは難しいかな だから多角
事業化してえろんなイベントとかH関係とかゼネコン関連
模索してます 中核が其方方面へのアプローチ長けてまして
どうなっていくのか?? ロスの無く効率化できる蜂箱を
研究開発していますそれは重箱方式とでも言いますか??
蜜を採取しても巣を残すそんな手法ですかね これも先は
全国販売企てるかもすれません 結構この養蜂に興味深い
方々は多いみたいで盛んですね
2011/06/27 15:40  | URL | 0009 #s6QiIqH.[ 編集] |  ▲ top

-Re: 1$さん-
たぶんソ連で作ったのが最初だったんでしょうねぇ?
ロシアに渓流釣りに行った人が言ってたんですが、ホント蚊とかが凄いらしいですね。
あの美人姉妹さんなんですけど、なんでもっとちゃんと撮らなかったのかと後悔仕切りです。
2011/06/27 00:30  | URL | ポン太 #b4jxZAz.[ 編集] |  ▲ top

-網の付いた帽子-
名前が「ソ連式面布」は知りませんでした、旧ソ連が開発したのですかね?日本には無かった???
ソ連の永久凍土のツンドラ地帯は夏になると大量の虫が発生するのでこの帽子は必需品です。
蜂蜜採取から最後はオジサン目線のおねぇさんネタ、良いですねぇ。(笑)
2011/06/26 16:00  | URL | 1$ #OFc07crI[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/834-54f553d0
| メイン |