坪川の白鳥
- 2011/12/22(Thu) -
swan1112a_eip.jpg

もう何年も前から、ず~っと気にしてる白鳥が居るんです。
 
 
←気が向いたらポチポチっとお願い致しま~す☆⌒(*^∇゜)v  
swan1112d_eip.jpg

前にも紹介したのかなぁ?なんて思ってるんですが、旧天間林村に流れる坪川にいる1羽の白鳥の話しです。

この白鳥はオスかメスかは分かりませんが、右の羽が折れてしまっていて飛べないのです。
オラが渓流釣りをしていた頃に見かけたのと同じ白鳥だとしたら、もう何年前からになるのかなぁ?
ここんとこ見かけていなかったから心配していたんですが、今年もまた無事に過ごしていたようで安心しました。

swan1112b_eip.jpg

彼は春になっても群れと共に旅立つ事も出来ず、夏の暑い盛りでも1羽でポツンと川にいます。
秋の台風のシーズンは大雨で川は増水もするだろうし、飛べない彼はどうしているんだか。
こうして彼は、仲間たちが戻ってくる次の冬になるまで、ただ只管この川で待っているのです。
その群れの数はそう多くはありません。もしかしたらファミリーなのかもしれませんね。

せっかく仲間たちと一緒に過ごせた冬も、春になればまた別れがやってきます。
ただ、ここの白鳥たちの北帰行はいつもかなり遅いのです。
いつだったか、5月の声を聞こうかという時でもまだ数羽残っているのを見かけました。 
傷ついた仲間を思ってのことなんでしょうか。
白鳥ってそこらの人間よりも思いやりがある鳥なんですねぇ。 
 
 
 
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 独り野鳥倶楽部 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ほっき丼 (きらく亭) | メイン | となみウィンターファンタジー 2011>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/tb.php/938-45dab146
| メイン |